月別: 2019年9月

2019年度 秋季リーグ戦 本日の第二試合(第4節 2回戦)

試合名 2019年度秋季リーグ戦 本日の第二試合(第4節 2回戦)

球場 太陽が丘球場

日時 2019年9月28日(土)

 

チーム8
佛教大022000100550
びわ大000000002290
佛教大学
木岡

H

H→7

柴田

岡田

八木

中山聡

野嶋
石井
D

H→D

吉村

松本康

坪倉斗
森本
前田
唐澤
P中山塁

木下

びわこ成蹊スポーツ大学
森川
荻野
松山
杉原

H

R

田中慎

清水

吉田

D岡田

R

速見

中山

藤原

H

大本

山内

比嘉
P山田

香水

梅本

内藤航

コメント
2回表、佛教大学は四球で好機を作ると、7番森本(2・天理)がスクイズを決め、さらに適失によりこの回2点を先制。

続く3回表には野嶋(3・県立和歌山商業)がライトフェンス直撃となる三塁打を放つと、4番石井(4・玉野光南)の適時打などで2点を追加する。

さらに8回表、野嶋が右本塁打を放ち、リードを広げる。

9回裏、びわこ成蹊スポーツ大学は先頭の代打清水(3・金沢市立工業)が右安で出塁し、その後一死一、二塁の好機を作ると、代打山内(2・長崎工業)の左線二点適時二塁打で2点を返す。

しかし後続が倒れ、佛教大学が2勝目となり、勝ち点を挙げた。

佛教大の先発中山塁(4・岡山南)は8回を投げ無失点の好投で勝利投手となった。

2019年度 秋季リーグ戦 本日の第一試合(第4節 2回戦)

試合名 2019年度 秋季リーグ戦 本日の第一試合(第4節 2回戦)

球場 太陽が丘球場

日時 2019年9月28日(土)

 

チーム810
京教大00104110108102
花園大000230102995
京都教育大学
渋谷
武内
澤井
⑧→1稲田
D→8園田

2

辻元

森口

宮本
松川
石田
P大井

髙見

中家

稲田

花園大学
福原
菅森
福山
中川
宮下
高野
D

H→D

R→D

H→D

吉岡壮

杉山

納田

小山

H

R

吉岡凌

室崎

山代

川田

高筒
P大江

松山

コメント
3回表、京都教育大学は9番石田(4年・釧路湖陵)の右中三塁打で出塁し、1番渋谷(3年・呉三津田)の敵失先制点を挙げる。

4回裏、花園大学は3番福山(3年・松山商業)が四球で出塁し、続く4番中川(3年・近江)、5番宮下(1年・北大津)も四球で終類すると、8番吉岡凌(3年・大垣日大)の右前適時打で2点を挙げ逆転する。

5回表、京都教育大学は7番宮本(2年・金光大阪)が安打で出塁し、1番渋谷の中前適時打、捕手暴投、3番澤井(2年・山城)の中前適時打で4点を取り逆転する。

5回裏、花園大は2番菅森が安打で出塁し、4番中川の犠飛、5番宮下の中前適時打、投手の暴投で3点の追加点を挙げる。

京都教育大は6回7回に追加点を挙げ、点差を広げるも7回裏に花園大が1点を返し1点差とする。

9回表、京教大は敵失で好機を作ると澤井の中前適時打で1点追加する。直後の9回裏、花園大は二死満塁の好機を作ると、福原(4年・福井工大福井)の内野安打と敵失で同点に追いつく。

試合は同点のまま10回よりタイブレークに入る。決着がついたのは10回裏、花園大は敵失で1点をとり逆転勝利。花園大が接戦を制し勝ち点を挙げた。

2019年度 秋季リーグ戦 本日の第二試合(第4節 1回戦)

試合名 2019年度秋季リーグ戦 本日の第二試合(第4節 1回戦)

球場 太陽が丘球場

日時 2019年9月27日(金)

 

チーム8
花園大20204109130
京教大0001010251
花園大学
福原
菅森
⑧→7→8福山
中川
宮下
⑦→8

H→7

高野

杉山

D

H→D

吉岡壮

納田

吉岡凌
高筒
P穐山

山村

京都教育大学
D野口
⑥→5宮本
渋谷
稲田
武内
辻元
5

6

H

白井

井上

園田

浦山
石田
P四方

中家

コメント
花園大学は初回から好機を作ると、4番中川(3・近江)の中前適時打で先制。さらにこの回1点を追加し、初回から2点を挙げる。

さらに花園大3回にも連続安打で好機を作ると、吉岡壮(1・彦根工業)の左前適時打などで2点を追加。

4回裏、京都教育大学は死球などで好機を作ると、相手投手の暴投で1点を返す。

直後の5回表、花園大は一死三塁の好機を作ると、中川がこの日3本目となる安打を放ち1点を追加。さらに吉岡壮、吉岡凌(3・大垣日大)の連続適時打などでこの回一挙4点を追加。

花園大は6回にも1点を追加し、点差を8とする。

何とか追いつきたい佛教大は6回裏、この回先頭の渋谷(3・呉三津田)が中越三塁打を放つと、続く稲田(4・創志学園)の犠飛で1点を返す。

しかし、京教大は7点差を縮めることは出来なかった。

花園大は13安打の猛攻。7回コールドゲームで勝利を収めた。

花園大の先発穐山(3・北嵯峨)は、打たせて取るピッチングで勝利投手に。

京教大の先発四方(2・綾部)は被安打12、8失点と試合を作ることは出来なかった。

 

2019年度 秋季リーグ戦 本日の第一試合(第4節 1回戦)

試合名 2019年度秋季リーグ戦 本日の第一試合(第4節 1回戦)

球場 太陽が丘球場

日時 2019年9月27日(金)

 

チーム8
びわ大000011000250
佛教大01200001×471
びわこ成蹊スポーツ大学
森川
荻野
松山
杉原
田中慎
D清水
速見
大本
比嘉
P山田

大原

梅本

加統

佛教大学

H→7

H

7

八木

中山聡

吉村

松本康

木岡
D

R

H→D

岡田

菅井

片山翔

石井
野嶋
坪倉斗
森本
唐澤
前田
P中山怜
コメント
佛教大学は、2回裏7番森本(2年・天理)の右越本塁打で1点を先制した。

続く3回裏にも2つの四球で二死一、二塁の好機を作ると5番野嶋(3年・県立和歌山商業)の右中適時三塁打で2点を追加した。

びわこ成蹊スポーツ大学は5回表、四球と安打等で二死二、三塁の好機を作ると次打者の時に投手の暴投で1点を返した。

続く6回、びわ大は四球と安打で好機を作ると4番杉原(4年・北大津)の中前適時打で3点目を取った。

佛教大学は、8回裏安打で一死、一塁をすると7番森本の左中適時二塁打で4点目を取った。

佛教大学が接戦の末4対2で逃げ切り1勝目を挙げた。

2019年度 秋季リーグ戦 本日の第三試合(第3節 2回戦)

試合名 2019年度 秋季リーグ戦 本日の第三試合(第3節 2回戦)

球場 皇子山球場

日時 2019年9月15日(日)

 

チーム8
佛教大000010201450
京教大100000001273
佛教大学

H

R→5

菅井

吉村

山内

岡本凌
D八木
野嶋
坪倉斗
木岡
唐澤

R→7

森本

松本康

前田
P木村光
京都教育大学
渋谷
⑧→1→8稲田
D

H

R

野口

安達

白井

園田

常城

澤井
武内
⑤→1松川
石田
辻元
宮本
P大井

石井

稲田

松川

コメント
京都教育大学は1回裏、先頭打者渋谷(3呉三津田)が左安で塁に出ると2番稲田(4・創志学園)の犠打、3番野口(4・石山)の凡打で二死3塁の好機を作り、4番澤井(2・山城)が左前適時打を放ち先制の1点。

何とか追いつきたい佛教大学は5回表、6番木岡(2・上宮太子)の右安に続き7番唐澤(3・近江)の四球で一死一、二塁を作ると、9番前田(4・奈良大附属)が右安で1点を返し同点とする。

勢いがついた佛教大は、7番唐澤の中安で出塁すると8番森本(2・天理)の犠打野選から9番前田の犠打と1番代打吉村(4・龍谷大平安)の四球で一死満塁の好機を作ると、2番岡本凌(4・福知山成美)の投ゴロ失策と一失策間に2点を獲得した。

最終回、佛教大学は5番森本の四球から9番前田の犠打と森本の盗塁で一死三塁の好機を作ると1番山内(1・坂井)の犠飛で1点を加え4得点とした。

逆転を狙う京教大は9回裏、2番稲田の右線三塁打から続く3番代打園田(4・鳴尾)の右安で無死一三塁の好機を作ると4番澤井が左安を打ち1点を返す。しかしその後打線がつながらずこの回1得点に終わる。

この試合、佛教大学投手木村光(1・奈良大附属)が9回15奪三振の好投を見せ、勝利投手に。

4-2で佛教大学が勝利し勝ち点をあげた。

 

2019年度 秋季リーグ戦 本日の第二試合(第3節 2回戦)

試合名 2019年度 秋季リーグ戦 本日の第二試合(第3節 2回戦)

球場 皇子山球場

日時 2019年9月15日(日)

 

チーム8
びわ大000410010672
花園大010000000162
びわこ成蹊スポーツ大学
森川

H

荻野

奥山

吉田

松山
杉原

田中慎

藤原

D清水
速見

H

大本

岡田

寺地

佐々木
P内藤航

大原

山田

花園大学
福原
⑦→6菅森
福山
中川
宮下
⑥→7

H

高野

難波

D

H

吉岡壮

藤原

室崎

吉岡凌

高筒
P山村

松山

穐山

コメント
先制したのは花園大学。2回裏、5番宮下(1・北大津)の左安と6番高野(2・比叡山)の犠打で好機を作ると、8番室崎(1・京都すばる)の左前適時打で1得点。

しかし4回表、びわこ成蹊スポーツ大学は2番荻野(1・益田東)が四球で出塁すると、3番松山(4・塔南)の敵失間に一死二、三塁を作り、5番田中慎(4・福井商業)のスクイズで1点を取る。その後も好機が続き6番清水(3・金沢市立工業)の四球で一死一、二塁から7番速見(3・飛龍)の右越適時三塁打で追加の2点を取り、この回一挙4得点とする。びわ大はさらに5回表、9番佐々木(3・日高高校中津分校)が中安で出塁すると、1番森川(3・奈良大附属)の遊安と4番杉原の三安の間に1点を入れる。

花園大学は3回以降好機を作れず9回1得点とされ、6-1でびわこ成蹊スポーツ大学が勝利し勝ち点を上げた。

びわ大の先発内藤航(4・育英)は5回を投げ1失点に抑え、2勝目を挙げた。

2019年度 秋季リーグ戦 本日の第一試合(第3節 2回戦)

試合名 2019年度 秋季リーグ戦 本日の第一試合(第3節 2回戦)

球場 皇子山球場

日時 2019年9月15日(日)

 

チーム8
先端大201000001490
大谷大100000000140
京都先端科学大学
⑧→7林一
北川

H

松本瑠

佐々木

清水裕

D吉村

H→5

新田

千代

R→8

前久保

安田

⑥→5

H→3

馬場畑

丸山

喜多

H

R→6

藤本

福丸

徳吉

P髙木

山下翔

足立

大谷大学
⑦→9野路
円城寺
橋本
樫本
D

R

内田

木村
茂森

H

守重

尾崎

木下

P堀口
コメント
京都先端科学大学は初回に動いた。1番林一(2・盛岡大附属)が先頭打者左安で塁に出ると、犠打と3番松本瑠(4・三田松聖)の左安で一死一、三塁の好機を作り、4番吉村(3・福井工大福井)の投適時打で1点を先制。さらに5番新田(2・京都翔英)がスクイズを決め更に1点を追加した。

その裏、大谷大学は2番円城寺(3・京都外大西)の四球で塁に出ると、3番橋本(3・大冠)と4番樫本(2・北稜)の連続安打で1点を入れる。

3回表、先端大は3番松本瑠の中二塁打と4番吉村の右前適時打で1点を加え、さらに9回には4番吉村の中安と5番千代(3・京都廣学館)の犠打で一死二塁の好機を作ると、6番前久保(4・天理)の右安で1点をいれた。

大谷大は2回以降好機を作るも打線がつながらず8回無得点で終わる。この試合は4-1で先端大が勝利し、勝ち点を挙げた。

投げては先端大のマウンドを5回から任された山下翔(3・渋谷)が3イニングを無失点に抑え、勝利投手となった。

2019年度 秋季リーグ戦 本日の第三試合(第3節 1回戦)

試合名 2019年度 秋季リーグ戦 本日の第三試合(第3節 1回戦)

球場 皇子山球場

日時 2019年9月14日(土)

 

チーム8
花園大102000100473
びわ大400000005100
花園大学
福原
菅森
福山
中川
宮下
高野
吉岡壮
山本大
川田
P大江
びわこ成蹊スポーツ大学
森川
荻野
松山
杉原
田中慎
清水
速見
大木
佐々木
P香水
コメント
この試合は、1回に大きく動いた。

1回表、花園大学は1番福原(4・福井工大福井)が二安で出塁、犠打で二死二塁を作ると、4番中川(3・近江)が中越適時二塁打を放ち1点先制。

しかし1回裏、びわこ成蹊スポーツ大学は2番荻野(1・益田東)の中安と3番松山(4・塔南)の四球で好機を作ると、4番杉原(4・北大津)の左線適時二塁打で先制の1点を入れる。好機を逃さずびわ大は5番田中慎(4・福井商業)の犠飛で1点、6番清水(3・金沢市立工業)の左線適時二塁打でさらに1点を追加。その後も、8番大本(2・龍谷大平安)の敵失間にダメ押しの1点を加え、びわ大はこの回に一挙4点を入れた。

3回表には、花園大が1番福原の四球で好機を作ると、3番福山(3・松山商業)の右二点本塁打で巻き返し、1点差まで追いつく。

7回表、花園大学 は6番高野(2・比叡山)の右安に加え、8番山本大(1・綾羽)の四球で好機を作ると、1番福原の右前適時打で1点を返し同点に追いつく。

両者一歩も譲らぬ展開のまま試合は延長へ。

勝負が動いたのは10回裏、びわこ成蹊スポーツ大学は2番荻野の右越適時二塁打から4番杉原の左安などで1死満塁の好機を作ると、5番田中慎のサヨナラタイムリーで逆転勝利をおさめ、勝ち点を獲得。

びわ大の先発香水(2・近江)は10回を完投。131球、9奪三振の好投で2勝目を挙げた。

2019年度 秋季リーグ戦 本日の第二試合(第3節 1回戦)

試合名 2019年度 秋季リーグ戦 本日の第二試合(第3節 1回戦)

球場 皇子山球場

日時 2019年9月14日(土)

 

チーム8
大谷大0201000
先端大01321000×
大谷大学
野路
円城寺
橋本
樫本
内田
木村
茂森
木下
P小松

小倉

久保田

京都先端科学大学
⑨→7

H→5

松本瑠

千代

北川

R→8

丸山

吉田涼

安田

吉村

R→8→7

新田

林一

⑤→3前久保
喜多
⑧→9清水裕
⑥→5→6藤本
P中川

山下翔

足立

コメント
先制したのは大谷大学。2回表5番内田(3・京都学園)の右安に続き6番木村(3・水口)の右越二塁打でチャンスを作ると、7番茂森(3・大津商業)の中安で1点を先制する。続いて8番菅(2・近江)の右前適時打でさらに1点を追加。

先制された京都先端科学大学は3回裏、2番北川(2・近江)が遊安で二死からチャンスを作ると、3番丸山(3・京都両洋)が四球を選び二死一・二塁の場面で4番吉村(3・福井工大福井)が今シーズン2本目の3点本塁打を放ち逆転。

大谷大はその後、4回表に5番内田の右安でチャンス作ると6番木村と7番茂森の連続安打で1点を追加し猛攻撃を図る。

しかし、先端大は4回に2番北川の犠飛で1点を加える。5回には4番吉村が相手の失策で出塁すると、5番新田(2・京都翔英)の右安で好機を作り7番喜多(3・小松大谷)の併殺間にダメ押しの1点。

大谷大はその後、先端大の投手、山下翔(3・渋谷)、森(4・八幡商業)、足立(4・綾部)三人に完封され、追加点を与えることができず7-3で先端大が勝利した。

先端大の先発中川(2・京都国際)は5回を投げ3失点ながらも、味方の援護もあり3勝目を挙げた。

2019年度 秋季リーグ戦 本日の第一試合(第3節 1回戦)

試合名 2019年度 秋季リーグ戦 本日の第一試合(第3節 1回戦)

球場 皇子山球場

日時 2019年9月14日(土)

 

チーム8
京教大50
佛教大×30
先攻
渋谷
稲田
野口
澤井
武内
松川
宮本
森口

常城

園田

安達

是信

P四方
後攻

八木

松本康

R→D

吉村

菅井

野嶋

石井

岡本凌

木岡
坪倉斗
森本
唐澤
前田
P中山怜

木下

コメント
3回裏、佛教大学は9番前田(4・奈良大附属)の四球でチャンスを作ると1番八木(3・北稜)の左安で先制する。

その後1-0で迎えた8回裏、佛教大は8番唐澤(3・近江)が死球を選ぶと9番前田が犠打で無死二塁のチャンスを作る。1番八木が右越適時二塁打を放ち1点追加すると続けて2番吉村(4・龍谷大平安)が右安で3点目をとった。

京都教育大学はチャンスを作るも、佛教大の投手陣に抑えられ無得点に終わった。

佛教大の先発中山怜(4・奈良大附属)は8回を投げ被安打4、8奪三振、無失点で今季3勝目を挙げた。