2019年度 秋季リーグ戦 本日の第二試合(第4節 1回戦)

試合名 2019年度秋季リーグ戦 本日の第二試合(第4節 1回戦)

球場 太陽が丘球場

日時 2019年9月27日(金)

 

チーム8
花園大20204109130
京教大0001010251
花園大学
福原
菅森
⑧→7→8福山
中川
宮下
⑦→8

H→7

高野

杉山

D

H→D

吉岡壮

納田

吉岡凌
高筒
P穐山

山村

京都教育大学
D野口
⑥→5宮本
渋谷
稲田
武内
辻元
5

6

H

白井

井上

園田

浦山
石田
P四方

中家

コメント
花園大学は初回から好機を作ると、4番中川(3・近江)の中前適時打で先制。さらにこの回1点を追加し、初回から2点を挙げる。

さらに花園大3回にも連続安打で好機を作ると、吉岡壮(1・彦根工業)の左前適時打などで2点を追加。

4回裏、京都教育大学は死球などで好機を作ると、相手投手の暴投で1点を返す。

直後の5回表、花園大は一死三塁の好機を作ると、中川がこの日3本目となる安打を放ち1点を追加。さらに吉岡壮、吉岡凌(3・大垣日大)の連続適時打などでこの回一挙4点を追加。

花園大は6回にも1点を追加し、点差を8とする。

何とか追いつきたい佛教大は6回裏、この回先頭の渋谷(3・呉三津田)が中越三塁打を放つと、続く稲田(4・創志学園)の犠飛で1点を返す。

しかし、京教大は7点差を縮めることは出来なかった。

花園大は13安打の猛攻。7回コールドゲームで勝利を収めた。

花園大の先発穐山(3・北嵯峨)は、打たせて取るピッチングで勝利投手に。

京教大の先発四方(2・綾部)は被安打12、8失点と試合を作ることは出来なかった。